記事リスト

洋菓子から和菓子まで

洋菓子

お菓子作りのプロになる

製菓の専門学校では洋菓子、和菓子、パンなどに分けて専門的に学べるだけでなく、分野をまたがって学べるカリキュラムのところも少なくありません。老舗の和菓子店などを継ぐ目的で入学しても、和菓子作りだけでなく、洋菓子の作り方も学べます。生地の膨らませ方などのコツを和菓子づくりに生かすこともできるので、分野を横断して基本を学べるのが製菓専門学校の魅力でもあります。洋菓子と和菓子には共通点や類似点も多く、ケーキやパンケーキとどら焼き、ゼラチンを使ったゼリーと寒天を使った冷菓や羊羹など両方を作れる技術が身に付き、将来のオリジナルの菓子作りに生かしていけます。専任の講師をはじめ、人気店の有名パティシエやホテルのシェフ、老舗の和菓子職人やフランス人パティシエなど現役で活躍している講師から直接学ぶ機会なども用意されています。専門学校に在学中に調理師や製菓衛生士などの国家資格の取得ができるほか、有名ケーキ店や老舗の和菓子店などに実習に行く機会なども持て、インターンとして働いてそのまま就職が決まるケースも少なくありません。専門学校としての進路指導や就職支援もしており、有名店をはじめ、大手の製菓メーカーに商品企画や専属の職人、工場での製造管理などの仕事などに就いたり、ホテルやレストランなどへの就職がスムーズにできるのも魅力です。各専門学校で卒業生の進路も公表しているので、希望の就職先に強い専門学校に入学するのも1つの方法です。

Copyright© 2018 カフェ経営について専門学校で学ぶ【開業や就職をサポート】 All Rights Reserved.